園長ブログ
ゴリさんブログ
2018.05.29

産まれてすぐ

産まれて直ぐに保育所に入れたら・・・どうなっちゃうの?

って思われる人がいるかも知れません・・・

三歳までにその子の大脳の80%が出来上がり、人生が決まってしまうならば、親が責任もって育てなければ・・・って思われる方もおられる事でしょう。

昔から、三歳児神話と言って、三歳まで子どもは、親元で育てるものと言われていました。

しかし今は、昔と環境が随分変わって来ていて、子どもは少ないし、溜まり場もない、都会はマンション住まいだから隣人との接触もない・・・

このような環境で子どもを育てたら、子どもの脳への刺激はなくなり、大脳の発達は物凄く少なくなってしまいます。

子どもの脳の発達を考えたら、刺激の多い保育園に預けた方が良いのかも知れません。

となると・・・

保育所の責任は物凄く重大と言えるかも知れません。

私はその保育所のオーナーとして、少なからずこうした責任感を持って運営していますが、私が最も大切にしている事は、子ども達を取り巻く環境です。

子ども達が、将来を担う若者として成長するためには、生きる力と個性を持った子に育つ事がとても重要です。

私は、その生きる力と個性を育てる為に、必要不可欠な環境が、自然、自由、そして異年齢環境ですあると考えています。

この3つの環境が与えられると、子ども達はのびのびと生活が出来、自然に生きる力と個性が伸びて来ます。

保育士は、なるべく子ども達の様子を見守り、言葉が多くなり過ぎず、子どもが求める時のみ助け手となれるならば最高。

と考えています。 

見学予約24時間受け付け中!

事前にお電話かホームページから見学予約をしてください。

その際に気になることや、知りたいことを事前にお知らせいただければ準備してお待ちしております。

03-5357-3580 03-5357-3580

※お電話での受付時間は7:30~20:00となります。

見学予約