園長ブログ
ゴリさんブログ
2018.06.12

第一次反抗期、何故かむ事が無くならないのでしょうか?

 

第一次反抗期、何故かむ事が無くならないのでしょうか?
 
子どもが、第一次反抗期を迎える頃、集団の中に入ると、お互いの自我を主張し合う中で、噛んだり噛まれたりと言う出来事が、頻繁に起きる様になります。
 
噛まれると痛いですし、あとにも残るので、親も保育士達もかなり気にします。
 
そして、それを必死で避けるように努めますが、なかなか無くなりません。
 
それは何故なのでしょうか?
 
それはきっと・・・噛む方も噛まれる方も、それが調度良いんだと思います。
 
言い換えると・・・しょうがない事、普通の事、自然な事、なのだと思います。
 
私は、噛む事も噛まれる事も、成長のプロセスだとおもうので、それを受け入れるべきだと思います。
 
親や保育士は、子どもがハイハイしたり、立ったり歩いたりすると大喜びしますが、噛んだ方は、相手を傷つけてしまいますから・・・親としてみると噛んで欲しくないし、噛んだ事をしかってしまいますね!
 
でも・・・それを止めたり、叱ったりしたらば、伸びようとする子どもの成長を、止めている事になってしまうのではないかと思うのです。
 
保育所を長い間運営していると、時々不思議な事に遭遇します。
 
子どもの成長がこの時期になると、噛む子も噛まれる子も日々決まって来て、不思議な事に・・・

噛まれる子は、噛まれる子の所へわざわざ噛まれる為に近づいてくるのです
 
保育士さんが何度離しても、わざわざ噛まれる為に近づき、噛まれて泣きます・・・
 
こんな様子を間近に見ていると、噛む事も噛まれる事も、必然なんだと思ってしまうのです・・・

見学予約24時間受け付け中!

事前にお電話かホームページから見学予約をしてください。

その際に気になることや、知りたいことを事前にお知らせいただければ準備してお待ちしております。

03-5357-3580 03-5357-3580

※お電話での受付時間は7:30~20:00となります。

見学予約